KOKONOE Seasonal Recipe

キャロットケーキ

Vegan Carrot Cake

春に種まきしたニンジンが大きくなってきました。
畑のとれたてニンジンを使って、キャロットケーキを作ります。
寒くなってくるこの時期、シナモンやカルダモンなど、体を温めるスパイスが薫るケーキです。

The carrots sown in spring are ready to harvest!
I like to make a carrot cake using freshly picked carrots from our farm.
A cake with warming spices such as cinnamon and cardamom are best when weather gets cold.
Also, frosting is vegan too! I will make recipe open to public soon.

材料 / Ingredients

●ウェット Wet●

ニンジン(荒くおろす) 162g
Carrots (loosely grated)

メープルシロップ 25g
Maple syrup

甜菜糖 35g
Beet sugar or sugar

油 20g
Vegetable oil

レモン果汁 4.2g
Lemon juice

バニラエクストラクト 2g
Vanilla extract

亜麻仁パウダー 21g
Flax seed meal

豆乳または植物性ミルク 93g
Soy milk or plant based milk

オレンジジュース 50g
Orange juice

●ドライ Dry●
 
薄力粉 162g
Cake flour

ベーキングパウダー 5g
Baking powder

シナモンパウダー 1.2g
Cinnamon powder

ジンジャーパウダー 1.2g
Ginger powder

カルダモンパウダー 0.4g
Cardamon powder

ナツメグパウダー 0.4g
Nutmeg powder

塩 0.3g
Salt

●フィリング fillings●

胡桃 (刻む) 25g
Walnuts (chopped)

レーズン 30g
Raisins

01

ウェットの材料をすべて混ぜておく。ニンジンはシリシリなどの粗いおろし金でおろす。レモン果汁の代わりに、ゆず果汁でもOK。

Combine all wet ingredients. I recommend to grate carrot loosely. You can use Yuzu juice instead of lemon juice.

02

ドライの材料をすべてボウルに入れよく混ぜる。一度粉ふるいにかけても良い。

Combine all dry ingredients and mix well or using shifter to shift once.

03

ドライのボウルに、半量のウェット材料と半量のフィリングを入れてよく混ぜる。

Put half of wet ingredients and half of filling in to the dry ingredients. Mix it well.

04

残りのフィリングとウェットの材料をすべて加えて、よく混ぜる。

Add all wet and filling ingredients in dry ingredients. Mix it well.

05

ベーキングシートを敷いた型に生地を流し入れて、ならす。
空気を抜く。

Pour the dough into a mold with a baking sheet and smooth it.
Remove the air.

06

180℃で50分焼く。竹串をさして焼けているか確認。焼けていない場合は、アルミホイルをかぶせ、温度を160℃に落として10分ほど焼く。

Bake at 180 ° C for 50 minutes. Check if it is undercooked with a bamboo skewer. If it is still undercooked, cover it with aluminum foil, lower the temperature to 160 ° C and bake about 10 minutes.

Memo

卵の代わりに、亜麻仁パウダーを使います。コクとふわふわ感がでます。
亜麻仁には、多価不飽和脂肪酸で、オメガ3系脂肪酸に分類されるα-リノレン酸が豊富に含まれています。これは、体に必要不可欠な必須脂肪酸なのですが、人間の体内で生成できないので、食品から摂取することが望ましいのです。
体に入ったα-リノレン酸は、体内でDHAやEPAに変換され、それらは血液サラサラ効果や善玉コレステロールの増幅、血栓予防や中性脂肪をを減らす働きをする優れた効果があることで知られています。
また、α-リノレン酸は炎症を抑える作用があると言われており、花粉症などのアレルギー症状を緩和することにも期待されているようです。

I use flaxseed powder to replace eggs. It gives a richness and fluffiness.

秋は収穫の季節。

ここ戸隠では朝晩10℃台まで冷え込むようになりました。

少し涼しくなると、野菜たちもちょっとだけ元気になった様子です。

春に種まきをしたニンジンを収穫しました。

IMG_0360 (1).jpg

いびつな形はご愛嬌。

IMG_0362 (1).jpg

これを荒くすりおろし、キャロットケーキにすることにしました。

葉っぱも捨てずに、かき揚げにしていただきます。

ニンジンも好きですが、ニンジンの葉っぱのかき揚げは大好物です。

都内に住んでいた時、葉付きのオーガニックのニンジンはなかなか手に入らず、とても貴重。

なので、自然食品店で葉付きニンジンをみたら必ず買い、それは私にとってご馳走でした^^

自分で作ると葉っぱがこんなに立派に!これをいただけるのが嬉しいです。

さて、キャロットケーキですが、スパイスを効かせ、卵・牛乳・バターを使用しないヴィーガン仕様で作りました。

スパイスは、体を冷やすものも多いですが、薬膳の考えでは、シナモン・ナツメグ・カルダモンは体を温めるスパイスです。
私はこれらのスパイスの香りを嗅ぐと、クリスマスのエッグノッグを彷彿し、「寒い季節がやってきたんだなー」としみじみ思います。

上に乗せたヴィーガンフロストも我ながら絶品でした!

こちらも後々レシピをアップしたいと思います。

ニンジン嫌いな方もきっとお召しあがりいただけるスイーツです^^

★Flax seed meal 亜麻仁パウダー★

↓あまり馴染みがないかもしれない亜麻仁パウダー。ひとつ持っておくと栄養補給に役立ちます。酸化に注意が必要なので、冷凍保存しています。パスタにかけたり、スムージーに入れたり、すりごま感覚で色々ちょい足しできる食材です^^

SHARE

Profileこのレシピを書いた人

THE KOKONOE シェフ⽔⾕江希

筑波⼤学卒業後、外資系メーカーにてプロダクトマネージメント業務に10年以上携わる。料理学校へ転職を機に、講師業を⾏う。2016年に⾧野県戸隠に移住し、化学農薬や化学肥料に頼らない農業を夫婦で実践。旬の野菜中⼼で滋味あふれる⾷事をTHE KOKONOEで提供。世界の発酵食・長野の郷土食を美味しく頂きながら研鑽に励む。

    メディアリンク